レ シ ピRECIPE

  • 05

    タコと玉ねぎのカルパッチョ

8月8日は「タコの日」

05
タコと玉ねぎのカルパッチョ

広島県三原沖ではタコ漁が盛んで、三原観光協会は1988年にタコの足の数にちなみ8月8日を「タコの日」とし、1996年から毎年供養しているそうです。
またその他に、「88」が「は(8)は(8)」、「パ(8)パ(8)」と読める語呂合わせと、「ハチハチ」を並びかえると「ハハ(母)、チチ(父)」となることから、『親孝行したい時に親はなし』と言うように、後で後悔することがないよう、親への感謝の気持ちを形にしたい日として、8月8日は『親孝行の日』として1989年に親孝行全国推進運動協会が制定したようです。

材 料

茹でたタコ
ゆで卵(トッピング用)
かいわれ菜(トッピング用)
オリーブオイル
大さじ3
レモン汁
小さじ1
適量
コショウ
適量

作り方

  • 茹でたタコをスライスします。
  • お皿にスライスしたタコを並べます。
  • オリーブオイル、レモン汁、塩、コショウをよく混ぜ、タコに回しかけます。
  • ゆで卵やかいわれ菜などをトッピングしたら完成です。
  • ※タコにはタウリンが豊富に含まれており、疲労回復、肝機能改善、高血圧予防、糖尿病の予防改善、血中コレステロール低下、動脈硬化の予防などがあります。また、タコは低脂肪、低カロリー、高タンパク質なので、肥満防止やダイエットにも適した食材です。